第2期 2003.11.21 2004.1.23 2004.2.20 2004.5.21
第3期 2004.8.20 2004.5.21 2004.8.20 2004.9.8
2004.11.26 2005.2.26
第4期 2005.5.20 2005.6.8 2005.8.30 2005.11.14
2006.2.21
第5期 2006.5.25 2006.8.24 2006.11.16 2007.2.20
第6期 2007.5.24 2007.8.23 2007.11.29 2008.2.21
第7期 2008.5.28 2008.8.28 2008.11.21 2009.2.27
第8期 2009.5.28 2009.8.21 2009.11.20 2010.2.26
第9期 2010.5.28 2010.8.19 2010.11.19 2011.2.17
第10期 2011.5.27 2011.8.19 2011.11.17 2012.2.17
第11期 2012.5.28 2012.8.23 2012.11.16 2013.2.22
第12期 2013.5.24 2013.8.21 2013.11.22 2014.2.20
第13期 2014.5.23 2014.8.22 2014.11.21 2015.2.27
第14期 2015.5.22 2015.8.21 2015.11.19 2016.2.19
第15期 2016.5.20 2016.8.19 2016.11.18 2017.2.20
第16期 2017.5.26 2017.8.24


2004.Aug.20
第3期 第1回臨時社員総会

東京国際フォーラムにて
出席会員:24社(59名)  
出席賛助会員:19社(30名)
マスコミ関係者:14社(15名)

山本勝也副代表理事による開会宣言
山田孝志代表理事挨拶

 

1 審議事項

第1号議案 新規加入会員承認の件
  正会員: 株式会社ワールド(京都府・石川 政一代表取締役社長)
賛助会員:株式会社A.N.S(埼玉県・呉 泰栄代表取締役社長)
株式会社パックエックス(東京都・井出 誠三代表取締役社長)
(合計会員数:正会員29社・賛助会員36社)

第2号議案 会員交流委員会発足承認及び担当理事の件
   PCSA会則規約にある、事業目的「社会全般に対して」、「消費者に対して」、 「経営に関して」をPCSA会員企業が、確実に実現、達成する為、全てのPCSA賛助会員が協力し、会員企業を賛助することを目的に、本委員会をPCSA内に設立する。
<役員>
委員長: 笠井 英治(株式会社インフォピー 代表取締役社長)
副委員長:国澤 良幸(株式会社大商 代表取締役会長)
担当理事:宮本 君夫(株式会社メッセ 代表取締役社長)
事務局: 中島 基之(PCSA専務理事)
<今後の活動スケジュール>
第1回委員会開催(9月から10月予定)
1. 委員会運営規定作成
2. 第3期活動計画作成
3. その他

第3号議案 研究部会第二期執行部及び部員承認の件
  <企業倫理研究部会>
リーダー:  小林 靖信(株式会社T&T 経営企画室ゼネラルマネージャー)
サブリーダー:山崎 伸雄(株式会社ピー商品企画 代表取締役社長)
<コスト問題研究部会>
リーダー:  西村 淳子(株式会社キョウサン 専務取締役 経営企画室長)
サブリーダー:池上 修(アンダーツリー株式会社 経営企画室 室長)
<法律問題研究部会>
リーダー:  森 治彦(株式会社ダイナム 執行役員 法務部長) 
サブリーダー:鷹見 克一(ダイエー観光株式会社 法務担当課長)
<人事問題研究部会>
リーダー:  嶋内 仁(株式会社ニラク 経営管理担当理事)
サブリーダー:末次 秀行(株式会社キョウサン 人事開発部 課長)

2 新入会員挨拶
  第1号議案で入会が承認された各企業の出席者から新入会員の挨拶

3 「パチンコホールハンドブック改訂版」報告説明
  PCSA法律問題研究部会 リーダー森 治彦氏より、同ハンドブック改訂版についての報告説明がなされた。

4 「研究部会第二期活動報告」報告説明
  企業倫理研究部会・コスト問題研究部会・法律問題研究部会・人事問題研究部会の各部会のリーダーから第二期の活動報告がなされた。

企業倫理研究部会 (リーダー:小林靖信氏・(株)T&T 経営企画室ゼネラルマネージャー)
<部会の目的> PCSAの目標を実現していく上で、会員企業は社会、消費者からの信頼を得なければならないという考え方から、会員各企業共通の「企業倫理憲章」と「企業倫理検証実行の手引き」を編纂し、各企業で実際に採用・運用ができるような仕組みづくりを行うことを部会の目的としている。
<活動計画ならびに成果物計画>
  ・ 「企業倫理憲章」の編纂
・ 「企業倫理憲章実行の手引き」の編纂
・ 「企業倫理セミナー」の企画と開催。

コスト問題研究部会 (リーダー:西村淳子氏・(株)キョウサン専務取締役)
<部会の目的> 業界の高コスト体質を改善することにより消費者への利益還元を実現し、大衆娯楽への回帰を図ることを部会の目的としている。
<第一期研究部会活動内容のまとめ>
  コスト問題の業界認識の明確化と実態調査を行い、下記のような結論が導き出された。
(1) 業界標準の会計フォーマットの必要性(同じ基準での比較)
(2) 経営効率、作業体系などの別視点でのコスト問題の把握
(3) PCSA参加企業としての役割の自覚
<第二期研究部会活動内容のまとめ>
  (1) 他業界との比較による本業界の高コスト問題に関する考察
(2) 勘定科目マニュアルの作成(PCSA統一フォーマットの作成)
(3) 共同仕入の研究と実現可能性の模索
(4) 高コスト体質改善のための広報活動についての検討

法律問題研究部会 (リーダー:森 治彦氏・(株)ダイナム法務部執行役員)
<今期の重点課題>
(1) 会員企業の日常的な営業に関連した業法の解釈と運用の実態についての情報を共有するとともに、警察行政に対する働きかけをPCSAとして行うこと。
(2) 顧客との間の遊技約款及び遊技メーカーとの間の遊技機売買契約その他の会員企業が関心のある法的問題についてPCSAとしての見解を取りまとめること。
(3) 遊技単独新法を実現すること。
(4) PCSA法律部門アドバイザーにも働きかけ、法的側面からの遊技業界の将来の方向性に関連した意見発表を行うこと。
<今期の実行目標>
(1) 会員企業が日常的な営業に関連して実際に直面している事例の分析に基づき、警察庁生活安全局から公開されている「業法等の解釈運用基準」に新たな事項を盛り込むよう、PCSAとして警察行政に働きかける。
(2) 顧客との間の遊技標準約款を作成し、会員企業に配布する。
(3) 遊技機メーカーとの間の遊技機売買標準契約書を作成し、会員企業に配布する。
(4) 遊技単独新法案を作成し、業界内外に広く提案する。
(5) 小冊子「パチンコホール法律ハンドブック 改訂版」を平成16年8月に、「応用編」を平成17年3月にそれぞれ発行する。
(6) 会員企業の店舗担当者を広く対象とした「第1回PCSAパチンコホール法律セミナー」を、「パチンコホール法律ハンドブック 改訂版」の説明・解説と各会員店舗担当者からの店舗に於ける日常営業に関するアンケートに対応するセミナーを平成16年9月に開催する。

人事問題研究部会 (リーダー:嶋内 仁氏・(株)ニラク経営管理担当役員)
<活動> 今期、13回に亘り下記のようなテーマで活動を行う。
「要員計画の立て方」「チェーンストアの給与制度」「札幌地区ストコン」「理念・方針浸透のための人事部門の役割」「労働時間短縮への取り組み」「仙台地区ストコン」「採用手法の研究」「チェーンストアの教育制度」「評価・考課と考課者訓練」「フリー・レイバーマーケットの構想化(提言)」「協会資格認定制度の構想化(提言)」
<当部会の目標>
(1) パチンコホール企業に働く人々の労働環境の整備を通じ、わが国における雇用創出拡大を企図する。
(2) チェーンストア経営原則の教育実施を通じ、遊技業界の枠組みを超えた広く社会に貢献できる人材の育成・輩出を企図する。
 
<10年後のあるべき姿>
 
(1) フリー・レイバーマーケットが構築されており、会員企業はチェーンストア志向企業間を一定のルールのもと研修・出向・転籍が出来る状態になっている。
(2) 協会としてのキーマンの育成に取り組み、一定の資格認定制度が働いており、社会に対するチェーンストアのテクノクラート輩出の仕組みのひとつとして機能している。
(3) 会員企業の採用、給与・福利厚生、教育等の業務について、協会がアウトソージングを行っている。
<会員企業の人事問題の原状>  
 
(1) 労働時間が全産業平均より約1割多い。
(2) チェーンストア経営システムに基づいた人事制度(労務・教育・評価・昇進および昇格)の設計が出来ているとは言い難い。
(3) ニーズに合致した採用(新卒・中途)が出来ているとは言い難いし、新卒採用は苦戦を強いられている。
5 連絡・報告事項
  (1) PCSAのホームページを8月18日に開設しました。
(2) パチンコ法律ハンドブック改訂版が完成しました。
(3) 9月8日に開催される法律セミナーのご案内。
(4) フジサンケイグループ経済紙「ビジネスアイ」連載のお知らせ。
(5) PCSA営業店舗調査のお願い。
(6) PCSA事務局購入書籍の案内。協会講演ビデオテープの案内。
(7) PCSA事務局員採用の連絡。


第二部

第10回PCSA経営勉強会

  第一部 「SIMからのご提案(1)」と題して『定石に回帰し、新たな市場変革期にISMをみつめなおす』という内容について、(有)シム・インターナショナル 三瓶 勝徳氏の講演。
  第二部 「第2回経営効率指標調査報告」と題して『経営数値の定石数値の変化について』(有)シム・インターナショナル代表取締役宮本 正暉氏の講演。


終了後、別室にて懇親会が多数の参加者を交えて行われ、会員・賛助会員相互の親睦を図った。