第2期 2003.11.21 2004.1.23 2004.2.20 2004.5.21
第3期 2004.8.20 2004.5.21 2004.8.20 2004.9.8
2004.11.26 2005.2.26
第4期 2005.5.20 2005.6.8 2005.8.30 2005.11.14
2006.2.21
第5期 2006.5.25 2006.8.24 2006.11.16 2007.2.20
第6期 2007.5.24 2007.8.23 2007.11.29 2008.2.21
第7期 2008.5.28 2008.8.28 2008.11.21 2009.2.27
第8期 2009.5.28 2009.8.21 2009.11.20 2010.2.26
第9期 2010.5.28 2010.8.19 2010.11.19 2011.2.17
第10期 2011.5.27 2011.8.19 2011.11.17 2012.2.17
第11期 2012.5.28 2012.8.23 2012.11.16 2013.2.22
第12期 2013.5.24 2013.8.21 2013.11.22 2014.2.20
第13期 2014.5.23 2014.8.22 2014.11.21 2015.2.27
第14期 2015.5.22 2015.8.21 2015.11.19 2016.2.19
第15期 2016.5.20 2016.8.19 2016.11.18


2003.Nov.21
第2期第2回臨時社員総会

東京会館にて

松田副代表理事による開会宣言
谷口代表理事挨拶
総会定員数確認報告

1 審議事項
第1号議案 新規加入会員承認の件

株式会社アーバン (東京都・水口佳孝代表)
内外たばこ株式会社(大阪府・岡一成代表)
有限会社ムラコ  (愛知県・村上昌巳代表)
シンプロメンテInc.(東京都・内藤秀雄代表)
株式会社金澤工務店(大阪府・金澤健五郎代表)
の賛助会員申込企業5社の新規加入が満場一致で承認

2 報告事項
1.研究部会中間報告(不正機・コスト・法律・人事)10:30〜
 各部会のリーダーによる研究中間報告が行われた。

まず人事面では主に労務(給与制度の整備状況、サービス残業、離職率など)、採用(人手不足のための採用、新卒への”共感”採用、業界内の苦戦状況)、教育(チェーンストアの教育不足問題、公正評価の問題)などにおいて事前に実施されたアンケートに基づいて結果発表がなされた。アンケートデータに基づく研究の結果、「中途採用は企業規模が大きいほど定着率が高くなるが、新卒は企業規模はあまり関係ない」「中途は休日が多いほど定着率が高くなるが、新卒は休日数はあまり関係ない」「新卒はストアマネージャー給与または35歳給与が高いほど定着率は多各成るが、初任給はあまり関係ない」などの結論が導き出され、今後の業界内の動きとして、「給与制度を整備し、新卒を積極採用すべきである」との新たな仮説が打ち立てられた。

また法律問題研究部会では、「会員企業の日常的な営業に関連した業法の解釈と運用の実態について情報を共有、警察行政に対する働きかけをPCSAとして行うこと」「顧客との間の遊技契約および遊技機メーカーとの間の遊技機売買契約そのほかの会員企業が関心のある法的な問題について、PCSAとしての見解を取りまとめること」「遊技単独新法を実現すること」「PCSAの法律分野アドバイザーにも呼びかけ、法的側面からの遊技業界の将来の方向性に関連した意見発表を行う事」の4点を重点課題として取り組む旨を発表。それぞれに実行目標を打ち立てている見解を示した。

また研究部会の発表の後には、(株)商業界出版第3部長・内呂民世氏および(株)商業界代表取締役社長・結城義晴氏による感想が述べられた。両氏は「スタンダード(標準化)の徹底」というテーマのもと、セブン・イレブンの経営戦略およびシステムなどの例を挙げ、パチンコホールの現在の状況分析から提言を行った。


3 その他業務連絡

・基金増加完了報告
・その他
臨時社員総会閉会宣言(松田副代表理事)


 閉会宣言後、シム・インターナショナルの宮本正暉リソースパーソンより、日本リテイリングセンター・チーフコンサルタント渥美俊一氏主宰の「ペガサスクラブ」への入会説明が行われた。渥美理論のよる成功例を出し、業界改革を訴える宮本氏の熱弁に参加者たちは熱心に聞き入っていた。