第1回PCSA学生懸賞論文
・・・本年の募集は終了しました。

主催 PCSA(有限責任中間法人パチンコ・チェーンストア協会)


主旨・目的  日本で生まれたパチンコは国民大衆の気軽な遊びとして多くの人々が参加する産業として、30兆円の市場規模にまで成長してきました。

しかしその中身は、残念ながら、真の意味でお客様の立場で構築されているとは言い難く、普段の生活の一部として気軽にプレイしていたライトユーザーが去っているという現実があります。パチンコを遊技されるお客様のニーズは、軽いものから重いものまで、利用動機も様々であり、本当に身近なものとするためには、お客様のニーズや動機に合わせて、パチンコのサービスを提供すべきなのです。では本当に身近な大衆性とは何か?そしてその実現による新しいお客様とはどういうものなのか?

PCSAでは、常にこのことについて考えています。

学生懸賞論文は、PCSAが皆様のご意見を謙虚にお伺いし、今後の活動へのヒントになればと思い制定したものです。どうぞ、夢と若さの溢れる、また斬新な切り口の研究をお寄せください。


テーマ パチンコホール業界の展望に関するもの

※研究の方向性のご参考に、次のキーワードを掲げさせていただきます。
「チェーンストア」「大衆娯楽」「ギャンブル性」「高齢化社会」「地域貢献」「社会との共生」「遊技人口」「遊技台(機械)」「レジャー産業」「文化」「遊び」「ユーザー心理」「社会的イメージ」「CSR」等。

但し、これらのキーワードに拘泥される必要はありませんし、厳しい批判でも結構です。


応募要項
■応募資格
 
大学、大学院に在籍する満30歳未満の学生。(留学生も可)
グループによる共同執筆も可。
■賞金
 
最優秀賞 1編  賞金  50万円(賞状・記念品)
優秀賞  数編  賞金  10万円(賞状・記念品)
■応募規定
 
応募作品は本人のもので、未発表かつ日本語で書かれたものに限ります。
書式
  [手書きの場合] 
・A4判400字詰原稿用紙で20枚以上。
・縦書、横書、いずれも可。

[インターネットの場合] 
・WordまたはExcelを使用、A4サイズで1枚に付800〜1200字以内。
総字数換算で8,000字以上。
・縦書、横書、いずれも可。
・E-mailに添付して送付ください。

[ワープロの場合] 
・A4サイズ゙用紙を使用、1枚に付800〜1200字以内。
総字数換算で8,000字以上。
・縦書、横書、いずれも可。
表紙には、論題・目次(任意)・大学名・氏名 を明記してください。

郵送またはE-mailにて送付下さい。
応募作品は返却いたしません。(作品の所有権は主催者に帰属します)
■期間・発表
 
応募期間2006年1月10日〜2006年3月末日(締切)
※応募に関するお問い合わせは随時可能。
発表入選者は、2006年4月下旬にご本人宛てに通知し、2006年5月のPCSA定時社員総会において懸賞論文入選発表として表彰致します。
またPCSAホームページにて入選結果ならびに論文を掲載致します。
■審査
  懸賞論文審査委員会において審査を行ないます。
審査委員長 結城義晴氏 株式会社商業界 代表取締役社長
審査委員 小澤昇氏 フジサンケイビジネスアイ 常務取締役
PCSA理事・PCSAアドバイザー
■その他
 
応募作品は返却いたしません。(作品の所有権は主催者に帰属します)
応募作品の著作権を含む全ての著作権利は、主催者に譲渡継承されます。
入賞者の権利譲渡は認めません。
■問合せ・応募先
  パチンコ・チェーンストア協会(PCSA)事務局
〒104-0061 東京都中央区銀座1−14−4 プレリー銀座ビル5F
TEL 03-3538-0673   FAX 03-3538-0674
E-mail info@pcsa.jp
URL   http://www.pcsa.jp/